ワクチン

狂犬病ワクチン 義務付けられてはいませんが、海外へ連れて行くときなどで予防接種が必要になる場合があります。ご希望があればいつでも接種可能ですのでご相談ください。
混合ワクチン 生後2ヶ月に1回目、生後3ヶ月に2回目の2回接種があります。それ以降は年1回の追加接種がお勧めです。
3種混合ワクチン
  • 猫カリシウイルス感染症
  • クシャミ、鼻水、発熱、口の中や舌に水泡や潰瘍(かいよう)ができます。他のウイルスや細菌との混合感染にて重症化する場合があります。(肺炎、等)

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 鼻水、目ヤニ、発熱、クシャミ、元気消失、食欲不審がみられ、強い感染力が特徴です。他のウイルスや細菌との混合感染にて重症化し、死に至る場合もあります。

  • 猫汎白血球減少症
  • 高熱、嘔吐、下痢、脱水、衰弱がみられます。白血球が極端に減り、死亡率が非常に高い、大変恐ろしい病気です。

猫白血病ワクチン 感染猫の血液、唾液、涙、糞尿との接触により伝染し、また母子感染もあります。感染すると次第に免疫力が低下し、あらゆる感染症に抵抗できなくなり、また、リンパ腫や白血病など致命的な病気のリスクが上がります。
感染リスクのある場合は、年に1回のワクチンを受けましょう。

uscis translationпрограммой для взлома скайпасайт проверки сайтовлобановский александр детиtranslate pdf document to englishноутбук планшет ценыкупить масноутбуки


Shikatsu Animal Clinic © All Right Reserved.